第45回「第6弾第3巻聴きどころコメント」♪

みなさま、こんにちは!
オトメイトレコード【総合インフォメーション】担当、アイディアファクトリーの槇原です。

「春」と呼ぶには若干寒い日が続きますが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
もう3月も半ばなんですね……時の流れの早さたるや……!
そんな本日は3月22日に発売予定の
第6弾「渇望メソッド、梟は夜に哭く」「恋色始標」「RUNLIMIT」
第3巻聴きどころコメントをご紹介します!

それではオトレコブログ第45回、いってみましょう、スタート!

★聴きどころコメント★

まずは、「渇望メソッド、梟は夜に哭く」のディレクター黒江氏より♪
「渇望メソッド、梟は夜に哭く 三ノ仔 春木(CV:興津和幸さん)」
KM2_vol3
はじめましての方もお久しぶりの方もこんにちは。
ディレクター兼、脚本担当アイディアファクトリーの黒江です。

『梟は夜に哭く』シリーズの第三巻
『三ノ仔 春木(声:興津和幸さん)』は2017年3月22日(水)に発売となります。

興津和幸さん演じる春木は、夏木(声:岡本信彦さん)の双子の兄。

あまり感情を表に出さないように見えますが、
春木は春木なりに自分の気持ちを伝えようとします。
おそらく今作のシリーズで一番、
前作よりも感情の幅が広がったキャラクターだと思います。

(……いや、もう一人いますね。あの眼鏡の人が違う意味で広がっています)

春木のオススメシーンは、
公式サイトで公開している音声視聴『参』あたりからの展開……でしょうか。

エンディングが分岐して結末が少し変わりますが、
順番を決めていらっしゃらない方は
ぜひトラック4から5の順番のままで聴いてみてくださいね。

トラック5のタイトル
『夏木を愛しているから、化け物は俺だけでいい』

これは、二つの意味を含んでいます。

「夏木を愛しているから夏木だけを逃がしたい」
「アンタを愛しているからアンタだけは逃がしてあげない」

エンディング分岐によって、
夏木と少女、どちらか一方を選んだわけではありませんし、
二人に対する春木の想いが変わったわけでもありません。

ただ、ほんの少し違う方法をとっただけ。
この作品は『幸せ』の定義を様々な視点で描いています。
どうか皆さまに彼の幸せの形を見届けて頂ければと……願っております。

お手元に前作の夏木編(てのひら合わせ)をお持ちの方は、
そちらをお聴きになってから今作の春木編(三ノ仔)を聴いてみてくださいね♪

また、挿入歌を入れるタイミングは
言葉や吐息のタイミング……秒単位で拘りました。
どうぞ隅から隅までお楽しみ頂けますと幸いです。

それではシスコンお兄ちゃんの第四巻紹介でお会いしましょう!

貴方にとって
最上の悲劇であり最高の喜劇を心ゆくまでご堪能ください――


続いて「恋色始標」のディレクター久保嶋氏より♪
「恋色始標 FILM.3 仁科遥人(CV:古川 慎さん)」
koiiro_vol3
オトレコ公式ブログをご覧の皆様、こんにちは。
『恋色始標』ディレクターの久保嶋です!

FILM.2の時津くんを前回ご紹介させて頂きましたが
皆様お聴き頂けましたでしょうか…!
今回は3月22日発売の『恋色始標 FILM.3 仁科遥人』をご紹介させて頂きます!

FILM.3の仁科遥人くん。
彼の恋は『涙恋』…涙で気付く恋、です。
仁科くんはあなたの先輩で高校3年生!
現役高校生モデルとして活躍しています。
女の子が大好き!と公言している為
いつもへらへらと緩い雰囲気で口調も軽く、
本心がなかなか出ないタイプです。

ひょんなことから図書委員のあなたと出会い、
「お友達」としての付き合いが始まります。
他の子とは違う、あなただからこそ、という
仁科くんの中の変化を是非注目して聴いていただければ嬉しいです。

女の子からの好意にも慣れっこで、基本的に流されがちな仁科くんは
なんだかマイナスなイメージを持ってしまうかもしれませんが、
本編を聞けば本当の彼にきゅんとしてしまうこと間違いなしです…!

あなたへ向けられる優しさや、恋に葛藤する仁科くんを
是非堪能して頂ければ嬉しいなと思います。
そして、恋色始標シリーズお馴染み!
トラック1の語り部分は今回もとても素敵になっております…!

それでは、『恋色始標 FILM.3 仁科遥人』
どうぞお楽しみくださいませ。


最後に「RUNLIMIT」のディレクター峰岸氏より♪
「RUNLIMIT ―CASE3 倉島 律―(CV:木村良平さん)」
RUNLIMIT_vol3
オトレコ公式ブログをご覧の皆様、こんにちは。
『RUNLIMIT』ディレクターの峰岸彩です。

3月22日、「RUNLIMIT CASE3 倉島 律」が発売いたします。

第3巻の律は、とにかく不器用な男の子です。
ぶっきらぼうで口が悪く、基本的に乱暴です(笑)
あなたに一番優しくしたいと思っているのに本音とは全く違う言動や行動をしてしまう。
しかし、後になってそれを一人で後悔をするような可愛らしさもあります!(笑)

CD冒頭の過去シーンは、そんな彼の不器用さと可愛らしさが描かれており、
あなたへの恋心を、一人で吐露する場面はぜひともご注目頂きたいです!
過去シーンで目一杯キュンキュンして頂いたあとは、いよいよ時系列が現在へ。
ランリミットの被験体となった律が、凶暴化の寸前で苦しんでいる所から始まります。
第3巻の凶暴化シーンは、とにかく躍動感に溢れております……!
これまで以上にハラハラとした感覚を味わって頂けるのではないかと思いますので
律くんの暴走、どうぞご注目ください……!

律とあなたは、その後、被験体と監察官として関わっていきます。
大好きなあなたと再会し共に過ごしていく内、揺れ動きはじめる律の感情や本音は、
切なくて胸がぎゅっとなるものが多いです。

律の不器用さと、可愛らしさ、そして切ない感情がつまった第3巻……!
どうぞご堪能いただけましたら幸いです!

スリルと哀しき愛を描いた『RUNLIMIT』、心ゆくままお楽しみください。


――いかがでしたでしょうか。
来週3月22日が発売日です!
発売日当日には各公式サイトで発売記念企画を実施しますのでどうぞお楽しみに!

さて、本日のブログは以上となります!

公式サイトはもちろんですが、
引き続き当ブログ及び公式ツイッター(@otomate_records)、
恋色始標公式ツイッター(@koiiroshihyou)、
RUNLIMIT公式ツイッター(@run_limit)もチェックしてくださいね!

それでは本日はこの辺で失礼いたします♪
以上、オトメイトレコード総合インフォメーション担当、槇原でした!