第43回「第6弾第1巻聴きどころコメント&ベストアルバム」♪

みなさま、こんにちは!
オトメイトレコード【総合インフォメーション】担当、アイディアファクトリーの槇原です。

遅ればせながら、2017年を迎えましたね……!
本年もいろとりどりのタイトルをみなさまにご紹介出来ればと存じます!
2017年もオトレコから目を離さないでくださいね♪

さて、新年一発目のブログは1月25日に発売となります
第6弾「渇望メソッド、梟は夜に哭く」「恋色始標」「RUNLIMIT」
第1巻聴きどころコメントをご紹介します!
いよいよ新シリーズがスタートします!是非チェックしてください♪

それではオトレコブログ第43回、いってみましょう、スタート!

★聴きどころコメント★

まずは、「渇望メソッド、梟は夜に哭く」のディレクター黒江氏より♪
「渇望メソッド、梟は夜に哭く 一ノ仔 染谷 泉(CV:柿原徹也さん)」
KM2_vol1

はじめましての方もお久しぶりの方もこんにちは。
ディレクター兼、脚本担当アイディアファクトリーの黒江です。

無事に続編が発表でき、そして第一巻の発売日を迎えられること、大変嬉しく思っています。
応援してくださった皆さま、本当に有難うございます!

さて、続編『梟は夜に哭く』シリーズの第一巻
『一ノ仔 染谷 泉(声:柿原徹也さん)』は2017年1月25日(水)に発売となります。

柿原徹也さん演じる染谷は、
主人公から一番遠い存在であり、実は不死者の王と繋がりが深い人物でもあります。
しかし本人が自分のことを何も知らないという状況のため
伏線回収や心理描写が非常に難産な子でした。
初稿台本がCD2~3枚くらい作れそうな物量であがり、
これはもうゲーム作れるな……と青ざめたのも懐かしい思い出です。
(未収録シーンをどこかで公開していこうと思ってます^^)

本作は前半がたっぷり甘いシーンなのでとにかく可愛い二人を楽しんで頂けたら嬉しいです!
怖いシーンやシリアスシーンももちろんたっぷりありますが、
前作にはあまりなかった穏やかでほのぼのした日常を是非ご堪能頂きたいです。

と、甘いシーンを推してきましたが……、
やはり一番のオススメは【染谷の豹変】でしょうか。
誰よりも等身大の普通の男の子だった染谷が、
キャラブレか!?っていうぐらい艶っぽい表情を見せてくれますので
柿原さんの圧巻の演技に聴き惚れてくださいませ~。

また、エンディング分岐のある構成のため【トラック4の後にトラック5】、
もしくは【トラック4の後にトラック6】という流れでお聴き頂くと
それぞれ違った未来が見えてくると思います。

ちなみに……。
お気づきの方もいらっしゃると思いますが本作のCD発売順は前作とは異なります。
前作は長編ストーリー仕立てでしたので
発売順(キャラクター順)が時間軸、そして世界観の構築に重要な意味を成していました。
本作は前作の第六巻『隠れ鬼つかまえた』の後の時間軸となります。
各巻の時間軸が厳密に繋がっているわけではありませんが、
順番に聞いていただくと繋がりがある人物たちもいます。

……今になって思うと可愛い子を前半に、
大人組を後半に持ってきてしまったなあ……なんて思ったりもします。

後半に潤いが足りなくならないように気を引き締めて執筆に励みます。
(王様やシトリーとどうやっていちゃいちゃさせたらいいのかが最大の課題……)

それでは第二巻の紹介でお会いしましょう!

貴方にとって
最上の悲劇であり最高の喜劇を心ゆくまでご堪能ください――


続いて「恋色始標」のディレクター久保嶋氏より♪
「恋色始標 FILM.1 小鳥遊 聖(CV:前野智昭さん)」
koiiro_vol1

オトレコ公式ブログをご覧の皆様、こんにちは。
『恋色始標』ディレクターの久保嶋です!

ついに!『恋色始標 FILM.1 小鳥遊 聖』が発売を迎えます。
小鳥遊くんとの初恋、大変お待たせしました!

今作は『片想い』をテーマに、都心近くのとある高校で
学校生活を送りながら『こんな恋をしてみたかった!』と
皆様に思って頂けるような、甘酸っぱい6色の恋を描いていきます。

FILM.1の小鳥遊 聖くん。
彼の恋は『初恋』…生まれて初めての恋、です。
真面目でしっかり者の小鳥遊くんは先生達からの信頼も厚く、
容姿も整っていて優しい!ということから校内では『王子』と呼ぶ生徒も。

篠宮くんに告白しているところを目撃したのをきっかけに
少しずつ、ただのクラスメイトだったあなたが
小鳥遊くんの中で特別な存在になっていきます。
あなたと過ごす日常の何気ない会話の中にある恋を知らない小鳥遊くんのピュアさにも
是非注目して聴いて頂ければと思います。

聴き終わったあとに『恋っていいなー!青春だなー!』と
小鳥遊くんとの日々を振り返って頂ければ嬉しいです!
それでは、『恋色始標 FILM.1 小鳥遊 聖』
どうぞお楽しみくださいませ。


最後に「RUNLIMIT」のディレクター峰岸氏より♪
「RUNLIMIT ―CASE1 片桐 連―(CV:石川界人さん)」
RUNLIMIT_vol1

オトレコ公式ブログをご覧の皆様、こんにちは。
『RUNLIMIT』ディレクターの峰岸彩です。

1月25日、「RUNLIMIT ―CASE1 片桐 連―」が発売を迎えます!

本作「RUNLIMIT」は、命にタイムリミットがついた少年たちとの愛の物語を描いています。
5年前、日本政府が行った「休息の必要がない人間」を作る実験『RUNLIMIT』。
その被験体となったのは、あなたの幼馴染である6人の少年たち。
彼らは右脳と左脳の切り替わりによって理性を喪失。
夜になると凶暴化し「人間」をも捕食しようとしてしまいます。
被験体の彼らは、日頃は収容施設で生活をしているのですが、
あなたはそんな被験体の「監察官」となって、彼らの前に現れ、関わりを持っていきます。

幼馴染のはずですが、あなたはとある理由により一部の記憶を失っています。
つまり、彼らのことを覚えていません。一体それが、なぜなのか。
ランリミット実験は何故行われたのか。そして、彼らはなぜ被験体になったのか。
物語が進むにつれて、実験の裏に隠された哀しい事実が明かされていきます。

第1巻の連は、出会い頭、無愛想で冷たい印象を受けてしまうかもしれません。
が、誰よりもあなたを想い、その信念を貫くまっすぐな子です。
少しずつ解き明かされていく事実と共に、連の印象もどんどん変化していきます。

連が凶暴化し捕食しようとするシーンは非常にリアルで、スリリングです!!
もちろん、切なく、胸がぎゅっとなるシーンや、
甘酸っぱい恋愛物語も描いておりますので、どうぞお楽しみに。

スリルと哀しき愛を描いた『RUNLIMIT』、心ゆくままお楽しみください。


――いかがでしたでしょうか。
いずれのタイトルも来週発売となります!
是非とも楽しみにお待ちください♪

そしてここでもうひとつ情報が!
既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
2月1日にオトメイトレコード初のベストアルバムのリリースが決定いたしました!
今回ご紹介した第6弾のタイトルも含め、
全部で9タイトルの主題歌をフルサイズで収録しております♪

◆トラックリスト
01 ENDLESS LONELINESS (渇望メソッド) / 歌:そらる
02 ポーカーフェイス・コネクション (コノ恋落チルベカラズ) / 歌:PUPI
03 日常の輝き (七怪家族) / 歌:mao
04 Promised (BRIDE of PRINCE) / 歌:SHOJI from パレードパレード
05 薫り語り (和奇伝愛) / 歌:吉岡亜衣加
06 Theatrium (Theatrium 虚像の庭) / 歌:織田かおり
07 Alone with you (渇望メソッド、梟は夜に哭く) / 歌:そらる
08 RUN-LIMIT (RUNLIMIT) / 歌:織田かおり
09 瞬きの間に (恋色始標) / 歌:SHOJI from パレードパレード

盛りだくさんですね……!
フルサイズの主題歌がCD化されるのは、何と今回が初です!!!
本編とあわせ、お楽しみいただけますと幸いです♪
詳しい情報は下記のサイトでチェックしてみてください!

◆OTOMATE RECORDS Vocal Best

さて、本日のブログは以上となります!

公式サイトはもちろんですが、
引き続き当ブログ及び公式ツイッター(@otomate_records)、
恋色始標公式ツイッター(@koiiroshihyou)、
RUNLIMIT公式ツイッター(@run_limit)もチェックしてくださいね!

それでは本日はこの辺で失礼いたします♪
以上、オトメイトレコード総合インフォメーション担当、槇原でした!