第二幕:「意味の分からないメモ ― 一枚目 ―」

★ 本日より、公式サイトで夕蛾のTwitter用アイコン&ヘッダーを配布中 ★

こんにちは。
「椿の堕ちる日」のディレクター、アイディアファクトリーの柴田です。
今日は前回のブログでお伝えした“意味のわからないメモ”のご紹介をしようと思います。

が、その前にまず今後の更新予定を少しだけご紹介します。

今後、物語に関わってきそうなところですと世界観についての更新を行う予定です。
現在準備中のため、公開まで少々お待ち下さいませ。

ちなみにこの世界観についてですが、
前回のブログで「CD一枚に収まりきらなかった」というようなお話をしましたが、
一枚ごとに完結しないわけではありません。
それぞれのCDではちゃんと物語にオチがついていますので、単品でもお楽しみ頂けます
そしてさらに物語を楽しんで頂くために、
公式サイトで世界観などの情報が公開されていく……という流れです。

さて、一方で「実はこのキャラは○○だった」など物語に大きく関わってこない設定
(企画用の資料です。キャラをイメージしやすいように色々書きます)は
山ほど削っていったのですが、このまま後生大事にしまっておいても
今後披露する予定がないため“意味の分からないメモシリーズ”として
ネタバレにならない範囲でどんどん公開していこうと思います。
※主人公に名前が付いているのもキャライメージ作りの名残ですね。
CD内では名前は「キミ」などで呼ばれますので、ご安心下さい。

作中には出てこない情報なので知らなくても物語を楽しむことはできますが、
CDを聞きながら「こんなこと言ってるけど本当はこの人……」と
別の視点から物語を楽しむことができる、というちょっとお得な情報です。

その第一弾がこちら――

■主要キャラの癖はあまり濃くない感じで(原文ママ)

◆ 夕蛾
 押し入れの宝箱にビー玉や蝉の抜け殻などを詰め込んでる。ギュウギュウ。
 しかも綺麗に並べて。それをたまに人にあげる。

◆ 行長
 餓蛇の追っかけ。天才猛獣使いが手懐けた最初の人間。
 なぜなら××の××から××してくれたから。

◆ 狐毒
 部屋は乱雑で汚いが布団は毎日干さないと気が済まない。
 みんなの布団も勝手に干す。雨の日は布団が干せないので一日憂鬱。

◆ 餓蛇
 妹がいた。妹大好き。お兄ちゃんとして非常に有能。
 ただ妹には少し鬱陶しく思われていた。

◆ 小蝉
 兄(小蝉)を溺愛する年の離れた弟がいる。
 弟を鬱陶しく思っているフリをしつつ、好き好き攻撃が無ければ無いで怒り出す。

◆ 元親
 ×××者。××で××。ただし非常に魅力的なおじさま。
 自分のところに所属している団員には侍や武士の名前をつけている。

※一部諸事情により伏せ字にしていますが、物語りへの布石ではありません。

――いかがでしょうか?
もしかしたら一部の情報はCDを聞いて頂く時に
「あっ……ひょっとして……!」と思って頂けるかもしれません。

それではまた次回お会いしましょう。

――次回:意味の分からないメモ 二枚目(削除となったキャラクター①)