第8回「第2巻 聴きどころコメント」♪

みなさま、こんにちは!
オトメイトレコード【総合インフォメーション】担当、アイディアファクトリーの槇原です。

涼しかったり暑かったり雨が降ったり、
何だか不安定なお天気をが続いておりますが!
いよいよ今週26日には「ピリオドキューブ」「渇望メソッド」「PsychicEmotion6」の
第2巻が発売となります!っしゃ!

本日は恒例(?)の「聴きどころ」コメントを紹介いたします♪
それではオトレコブログ第8回、いってみましょう、スタート!

★聴きどころコメント★

まずは、「ピリオドキューブ」のディレクター北野マコト氏より♪
「ピリオドキューブ Quest2 ラディウス(CV:前野智昭さん)」
pcvol2
オトレコブログをご覧のみなさん、こんにちは。

ピリキューこと「ピリオドキューブ」ディレクターの北野マコトです。

「ピリオドキューブ Quest1 ヒロヤ」、お楽しみ頂けているでしょうか?

いよいよ8月26日に発売となる「Quest2 ラディウス」の聴きどころ……
それはずばり、「ラディウスの気持ちの変化」です!

最初は「あんたが野垂れ死のうが俺には関係ない」などと辛辣な彼。
アナタを追い払うために、脅かしたり迫ったりしてきます。
その強引でSっ気のある振る舞いもドキドキなのですが、
本領は彼が苦悩の片鱗を覗かせてから。

あるできごとをきっかけに自分の過去をアナタに吐露することで、
心の奥に押し込めていた想いが溢れ出します!

その結果、彼とアナタの関係がどう変化するのか……?

「Quest1 ヒロヤ」とはまた全然違った展開の「Quest2 ラディウス」、
ぜひご堪能頂けるとありがたいです!



続いて「渇望メソッド」のディレクター黒江氏より♪
「渇望メソッド、てのひら合わせ vol.2 双子の弟(CV:岡本信彦さん)」
kmvol2
こんにちは。ディレクターの黒江と申します。

【渇望メソッド】シリーズ第2巻『てのひら合わせ』が8月26日発売となります!

第一巻の続きとなります『てのひら合わせ』は、
主人公の少女の幼馴染みであり、双子の弟 夏木が登場致します。

本作は、『吸血』がひとつのテーマとなっておりますが、
第一巻は『鬼ごっこ』
第二巻は『てのひらを合わせる』が、もう一つのテーマになっています。

★ここで、物語の関係性を少しご紹介しますね。

第一巻と第二巻で大きく違うのは、夏木は少女の幼馴染みである、ということです。

【見知らぬ男】に吸血されたら……怖いですよね。
でも、【見知った少年】に吸血されたら……それは別の恐怖を生むのではないでしょうか。

少女にとって、可愛い可愛い甘え上手な幼馴染みの夏木が思いもよらない行動に出る。
救いを期待していた少女は途端に悪夢へと落とされる。

第一巻では明かされていなかった、少女と双子の関係性。

公式サイトでは夏木のサンプルボイス、シーン試聴をご用意しておりますので
是非お試しくださいませ。

また、発売日当日は公式サイトのトップページにて
ブックレット用の描き下ろしイラストをチラ見せしちゃいます♪

皆さまにとって
心地よい吸血の快楽となりますように――



最後に「PsychicEmotion6」のディレクター桐谷氏より♪
「PsychicEmotion6 vol.2 水瀬 碧 ★ CooLな水星の吹雪 ★(CV:細谷佳正さん)」
pe6vol2
こんにちは!『PsychicEmotion6』のディレクター桐谷です。

今回は、
☆゜:。『PsychicEmotion6』vol.2:水星の王子様である”水瀬 碧”編☆゜:。
の聴きどころをご紹介いたします!

碧は特殊な生い立ちゆえに孤独だった為、
あまり感情を表に出さないクールな王子様です。

あなたと一緒に並んで歩いていて、
ちょっと手が触れてしまっただけでもすごく動揺してしまいます。

だけど、あなたと過ごすことによって碧の心は少しずつ変わっていき、
分かりづらいかもしれないですが
碧なりの不器用な優しさが垣間見えるようになっていきます

是非、水瀬碧と過ごすひとときを楽しんで頂けたら嬉しいです!



―― いかがでしたでしょうか。
まさに三者三様ですね!要チェックな部分にはアンダーラインを引いておきました!
26日が待ち遠しいっ!
7月に発売された第1巻と併せてお楽しみください♪

また各タイトルの公式サイトではご出演いただいたキャストさまのインタビューや
サンプルボイスなど様々な情報を公開しております♪
発売を控えている第2巻も含め、是非ともチェックしてみてください!

公式サイトはもちろんですが、
引き続き当ブログ及び公式ツイッター(@otomate_records)もチェックしてくださいね!

それでは本日はこの辺で♪
以上、オトメイトレコード総合インフォメーション担当、槇原でした!